ビタミンC

お茶には健康を維持するパワーが秘められているのです。
特に緑茶は古代中国より漢方として日本に持ち込まれたのが始まりなので、古くから健康に良いものとして利用されていたことが確認できるのです。
なかでもカテキンという成分は免疫機能を高めてくれたりウィルスを撃退する効果があるのです。
ウィルスが体内に侵入してくることを防ぐので緑茶でうがいをする小学校もあるほどです。
このカテキンという成分は抗酸化力もあるので、がんの発生を抑制するという報告もあるほどすごい成分なのです。
さらに体脂肪を燃やしダイエット効果があるようです。
体脂肪を減らすことは健康にもつながるので肥満気味のひとは積極的にお茶を飲むようにしましょう。
最近ではカテキンが高濃度含まれている商品が発売しているので是非飲んでみましょう。

良い情報として、健康効果を最大限に上げるお茶の飲み方を紹介しましょう。
お茶も様々な種類があるのですが、なるべくカテキン成分が含まれているものがよいと言われているのです。
煎じた緑茶が圧倒的に多く次に烏龍茶でカフェイン抜きの緑茶、次いで紅茶という順序です。
紅茶は製造途中に葉が焼かれてしまうのでカテキン量は少なくなってしまうのです。
紅茶は健康維持というよりリラックスしたい時に飲むことがおすすめです。
コンビニやスーパーではペットボトルに入ったお茶が売っていますが、煎じて入れたものに比べカテキン量は少ないのです。
健康維持に大いに効果があるお茶ですが、利尿効果があるので飲み過ぎはよくないので注意しましょう。